2012/11/17

土曜で、我が街は凄い雨だったので、案の定人通りはまばらでした。
意味無くターミナル駅に出掛けていっても良いのですが、雨ですし、意味無く行っても、せいぜいUSBメモリーでも新しいモノを見る程度、買うのはまだ先という感覚なので、今日でかけなくてもいいでしょうと言う結論です。

 

でも、こんな雨の日でも可愛い制服女子が我が街商店街を歩いていたので記録に残しておきましょう。
酷い雨で傘まで記憶に残っていませんが、黒髪ショートカットの女子高生です。
赤と白のストライプかチェック柄なのかどちらか?ちょっとよく分かりませんが、そんなイメージのマフラーをしていました。
紺のブレザーにクリーム色のカーディガン。リボンタイはマフラーでよく分からないですが、赤系統のストライプ柄でしょうか?
スカートがオーソドックスな紺プリーツスカート。スカートの設定は、最近では普通の15cmちょっと超える位の膝上設定で、10月くらいからのブレザー系の女子高生では平均という感じ。
割と太い健康的な感じのするつるつる感、柔らかそうな感触が分かるような大腿生足に、今日はやはり天気が悪いせいか、紺ハイソックス、黒ローファーという組み合わせです。

 

この女子高生のマフラーはあまり横幅?が無いタイプなのか、たっぷり首回りと肩までと言う、20代の女子の皆さんが付けているような感じの幅広タイプでは無さそうです。

 

いつも不思議に思うのは、紺プリーツスカートを見る度に、女子高生の紺プリーツスカートは折り目がプリーツだけでシワや汚れが無い事ですね。
何着か持って居ると思いますが、最近のプリーツスカートは、椅子に座っていても余計なシワが入ったり、長く着ていると、お尻の辺りが少し痛んできそうなのですが、そういうのを見た事が無いので、しっかりローテーションを組んで、見た目で痛んでくると変えてしまうのかもしれませんね。
紺プリーツに限らずですが、普段見ていると、カフェーで座っていても、目立ったシワとか入らない様で、プリーツスカートの技術は凄いなぁと最近思いました。まぁスーツも形状記憶ですが、結構クリーニングに出しに行くのですが。。
ほとんどの女子高生は、あまりくたびれた制服を着ていないというか、おろし立てのような綺麗な制服姿なので、そのメンテ力には脱帽ですね。

 

しかも、有る程度コスメを使っているか分かりませんが、綺麗な小顔や脚のお手入れとか大変だろうなと。
若い女子の皆さんは大変だけど、中には趣味という方もいらっしゃるようですね。

 

と言う事で酷い雨の日にたまたま見た、女子高生からのちょっとした考察でした。

 

しかし、酷い雨が降っていたのに夜になったらすっかり晴れて、一体どういうことだという感じです。
出掛けるときに濡れても少しは大丈夫そうな革靴にしたのですが、風のせいで傘が役に立たずに膝下からずぶ濡れになってしまいました。
こういう凄い雨の時、ローファー女子高生は大変でしょうね。